最新情報☆jcss校正おすすめ6選

jcss校正の会社の特徴を簡単に比較できます

thumbnail jcss校正の会社は幾つもありますので、各々の会社によって今までの実績やサービス内容そして料金が異なります。これらを全て一つ一つ調べていくというのは大変な作業となります。そこで当サイトをご利用して下さい。

当サイトでは数多くあるjcss校正の会社の特徴を詳細に比較することができるようになっていますので、各々の会社の特徴を調べるのには便利です。過去の実績数やサービス内容などは事細かく比較できるようにしてあります。各々の会社のホームページにアクセスして特徴を調べていくことも確かにできますが、当サイトではそれらの特徴を同一サイト上でできてしまいます。

また当サイトでは、jcss校正の会社を実際に利用したことがある方からの口コミ情報も併せて掲載してあります。その会社の評判などを知りたい方にはとても参考になる情報となっています。今後も利便性の高いサイトにしていくため有益な情報を掲載していきますので、ぜひ定期的に閲覧下さい。

JEMIC

公式サイトはこちら

JEMICは製造業で使用する測定機器類に必要な校正を実施できる事業者です。日本国内できちんとjcss校正の実施認可を得た事業者です。JEMICでは様々な測定機器類の校正を実施しています。その中にはもちろん分銅の校正も含まれています。

薬剤などの重量の測定において分銅は不可欠です。JEMICでは国際規格に則り分銅の校正もきちんと行う事が出来ます。分銅などの測定機器類はISO9000や14000において校正が必要です。JEMICでは分銅に対してもjcss校正を実施する認可をきちんと得ています。

JEMICでは校正を実施した測定機器類に対して、きちんと証明書を発行する事が出来ます。もちろん、jcss認証の入った証明書です。また、国際規格に準じた証明書もJEMICは発行する事が可能です。

関東メジャー株式会社

公式サイトはこちら

機器は日常的に使用をしていると、どうしても誤差が生じてしまいます。その誤差が大きくなってしまうと正しい数値を出すことができなくなってしまいます。誤差を出来るだけ少なくするためにjcss校正を行うことが提案されています。

関東メジャー株式会社では圧力計測をするための機器のjcss校正も行っています。国際標準に合わせた校正を行っているので安心をして任せることができます。定期的に校正を行うこともできるようになっているので便利です。

他にも分銅のレンタルも行っているので、利用をしたいと考えているのであれば、オーダーをすることもできます。レンタルだけではなく購入をすることもできるので必要に応じて利用をすることができます。

神鋼検査サービス株式会社

公式サイトはこちら

神鋼検査サービス株式会社は計測器、計量器の検査サービスを行っている会社です。長さ計、圧力計、角度計など広い範囲の計測器、計量器の校正に対応しています。また、この会社はjcss認定事業者となっているため、jcss校正業務を行っています。

校正を依頼する場合には、校正の着手前と完了後といった期限つきで提出しなければならない書類があります。それらはサイト内にくわしく掲載されており、ダウンロードもできるので安心です。また、定期校正を依頼すれば次回の予約ができます。

さらに予約の1か月前には連絡をしてもらえるため期限切れの心配もありません。また、専用車での計器の引き取りや直接出向く出張校正にも対応してもらうことができます。納期の原則は6営業日での返却となっています。

リオンサービスセンター株式会社

公式サイトはこちら

リオンサービスセンター株式会社は、医療検査機器、微粒子剣先、音響計測器など幅広い分野の検査機器に対するきめ細やかなメンテナンスを行っている定評のある会社です。特に充実しているのはjcss校正サービスです。

エンジニアリングビジネスユニットは音響・超音波部門に関して国際MRA事業認定者です。また品質・環境統括センターも音響・超音波部門と振動加速度に関してjcss認定を受けています。そのため国際的に通用する校正証明書の発行が可能であり、高品質の校正サービスを受けることができます。

全国展開をしており、各地に営業所が置かれています。販売所も多く気軽に相談に行けるのも魅力です。費用や見積もり等については常時、公式サイトのメール相談コーナーで受け付けています。

株式会社ネツシン

公式サイトはこちら

株式会社ネツシンは白金温度抵抗体や標準用白金温度測定機を開発販売しているメーカーです。メーカーとしてのノウハウを活かし株式会社ネツシンは接触式温度計の校正も実施しています。株式会社ネツシンはきちんとjcssの認可を受けた事業者です。

接触式温度計の校正はjcss校正はもちろん、国際規格にも準じた校正をきちんと実施が可能です。株式会社ネツシンは温度計のメーカーとして非常に精度の高い技術を持ち合わせています。依頼した校正に対して、きちんと厳密に校正を実施してくれます。

株式会社ネツシンでは自社の抵抗温度計などの校正を主に行っています。もちろん、他社の接触式温度計などの校正も株式会社ネツシンは実施する事が可能です。株式会社ネツシンは実施した校正に対してきちんとjcss認可を記した証明書も発行する事が出来ます。

ClassNK

公式サイトはこちら

jcss校正を行いたいけどどこに依頼をするべきなのか悩んでしまう、ということがあった場合にはClassNKに相談してみてください。検査員も常時研修を受けて正しい校正の知識を得ています。ですから安心をして任せられます。

証明書も必要ということがあるでしょう。ClassNKで発行をしている証明書は校正業者の登録を行っているからこそ、信ぴょう性も高まるというメリットがあります。また様々なjcss校正を行っているので必要に応じて選ぶことができます。

海上の安全を守ることができる校正も行っているので、船舶を無事に運航させるために出来ることを行っています。機器に不具合があってはいけないので、キチンとメンテナンスを行います。

jcss校正の全体的な概要について

今回の記事のテーマでもある「jcss校正」は、Japan Calibration Service Systemの略称であり、我が国日本の計量法に基付いた、測定トレーサビリティ制度の事を指します。そして、この同制度自体は、校正事業者登録制度と計量標準供給制度のそれぞれ2つから構成をされており、それらのうちでも前者のほうが、1993年の11月より運営をされてきた経緯があります。そして、校正事業者登録制度のほうは、「JIS Q 17025(「ISO/IEC 17025」とも呼びます)」による要求への適合があるかどうかを確かめる制度ですが、同制度に基付いた検定試験を受けて、それに合格をして事業者としての認定を受けるといった形になります。それでは、次の本文2の段落のところで、JIS Q 17025について触れるようにします。

さて、ここの段落ではJIS Q 17025について触れていくようにします。これ自体は、校正機関や試験所とかが、法律で定められた校正事業者検定試験の受験や、校正そのものを行うべき能力を有するものとして認められるための資格を得ていくための、一般的な要求をされる各事項の規定がなされた、必要条件と言えるものになります。これがjcss校正の際には、その認定を受けたりしていく上では、どうしても要求をされるものですので、同校正の検定試験を受けたり、その認定をされたりする方としては、よくその内容を理解しておく事が、とても大切です。最初は中々、それ自体の詳細な内容の理解をしていくには難しいところがあるかもしれませんが、これを理解をしていなければ校正資格を得たりする事が出来ませんので、その事を留意しておく必要があります。

一見すると、中々難しい用語とかが多くて、初心者である方などにとっては理解がし難いところなどもあると思われますが、このjcss校正の内容を勉強しておかなければ、計量法に基付いた、同校正関連での検定試験の受験や認定などを受けたりする事が出来ませんので、注意が必要なところがあります。ただ、国家資格試験程のような至難レベルでの難しさといったものはありませんので、それ程は、試験勉強その他の関連する諸面などに関しての深刻な受け止め方などをする必要は無い感じがします。しかし、それでも認定の基準などは、事業者としての開業を試みたりしていく上では、決して簡単では無いところがありますので、その点をしっかりと理解をしながら、同校正関連の何事へものぞんでいく姿勢が、とても大切です。

カテゴリー